ルネッサンスの活水・浄水器

良い水・良い眠り.com 新商品はこちら

お客様の体験談

コラム

Copyright(C)Life Field Space
All Rights Resurved.
・特定商取引法に関する表記
 

生活習慣で血液状態は変えられる!






「体内の血液がサラサラであることが良い」というのは、一般常識のようになりつつありますね。
「ドロドロな血液をサラサラへ」のようなテレビ番組を多少なりとも、見かけたことがあると思います。

ただ「血液サラサラになるためには、これを食べると良い」という場合、なかなか一つのものを食べ続けていくことは難しいと思われます。

そこで今回は食べ物ではなく、生活習慣を見直すことで、自身の血液をサラサラに近づけていきましょう!







血液サラサラは、年齢や健康状態に左右されない。




健康であれば、血液はサラサラであるかというと、そうではありません
健康な人でも約三割の人しかサラサラな血液を手に入れていない、というデータがあります。

残りの五割の人は血液がドロドロであり、残りの二割の人はまずまずの血液ということです。
「高齢だから血液はドロドロ」「若いからサラサラな血液」ということでもありません。

やはり大切なのは生活習慣なのです。
若い頃は、睡眠時間も気にせず、栄養バランスも考えず、という行動をとりがちです。
生活習慣など気にすることも少ないと思いますが、それでは確実に血液がドロドロになってしまいます。

このことから血液サラサラに大切なのは、生活習慣であるとお分かりいただけたのではないでしょうか。







血液が気になるなら、二週間の禁煙を!

あなたは喫煙者ですか?
もし、そうであればまず二週間禁煙してみてはいかがでしょうか?
こんな提案を喫煙者にする根拠を、これから説明させていただきます。

私たちの体の中では、約二週間程度で血液のなかの血小板が入れ替わります。
この血小板が血液サラサラやドロドロの状態に関わっているのです。
血小板が固まることで血栓を引き起こし、血液の流れを阻害してしまうのです。

つまり、二週間禁煙することで血小板が入れ替わり、喫煙者でも非喫煙者と同じような固まりにくさの血小板になるのです。
しかし、喫煙を再開すれば非喫煙者の血液ではなくなります。

喫煙の影響による血液のドロドロ具合が気になる方は、二週間の禁煙を目指して血液サラサラを目指してはいかがでしょうか?







ねばつく白血球や傷ついた血管が、血液ドロドロの原因に










生活習慣で、喫煙以外に血液に関係することと言えばストレスと、睡眠があげられます。

ストレスをためたままにしてしまうと、白血球同士がくっつきやすくなり血液をドロドロにしてしまいます。
なので、スポーツをして汗をかく、ゆっくり体を休める、大声で歌う、友達とたくさん話す、好きな趣味に没頭する。
人により、ストレスの発散方法は違いますが白血球同士をサラサラにするためにも、ぜひ上手にストレスを発散してくださいね

また、睡眠も重要です。
眠ることで傷ついた血管や細胞を回復してくれるのです。
この回復が行われないと、血小板が傷ついた場所に集まってしまうことで、血液の流れが滞ってしまいます。

そこで忙しくて十分な睡眠時間を確保できない方は、夜22時〜夜中2時の間に睡眠をとることをオススメします。
なぜならこの時間に、回復に必要な成長ホルモンの分泌が活発になるためです。

けれどなかなか生活習慣は変えられないし、生活習慣を変えたくないという方も多いかと思います。
そんな方はぜひ「ルネッサンス」を試してみてはいかがでしょうか?

水道水を「ルネッサンス」に入れて体に良い水へと変えることで、血液サラサラを目指しましょう!