ルネッサンスの活水・浄水器

良い水・良い眠り.com 新商品はこちら

お客様の体験談

コラム

Copyright(C)Life Field Space
All Rights Resurved.
・特定商取引法に関する表記
 

今日から実践できる!内臓脂肪を減らす燃焼生活







内臓脂肪を落とす為にやらなければいけない事はダイエットの王道「運動」+「食改善」です。
しかしそう言われてもなかなか運動する機会がないし続かない…そういう人も多いかと思います。

しかし内臓脂肪は脂肪を燃焼する時に最初に燃える脂肪とされていて、実は落としやすい脂肪でもあるのです。
内臓脂肪を燃焼させるには有酸素運動が最適とされています。
有酸素運動とは体の中に酸素を多く取り込みながら行う運動です。

有酸素運動を行うことで、血液中に流れている脂肪が体脂肪として蓄積せずに酸素と結合して燃焼します。
この有酸素運動で一番手軽なのが「歩くこと」です。

歩いて外出する機会を少し増やしてみたり、一駅手前で降りて歩いてみたりと、今よりも少しだけ多く歩くように意識してみる事から始めましょう。





食事の見直しポイント




「食事の改善」と言われてもカロリー制限は続かないし、献立を考えるのが大変で続かないという人も多いでしょう。
そこで食事の見直しポイントとしてまず「早食い」「ながら食い」をやめましょう

人間は食事を始めてから脳が満腹だと感じるまでに20〜30分必要です。
ゆっくりよく噛んで食べるようにするだけで食事の量自体を減らす事ができます。

また、食べる事以外に気をとられる「ながら食い」は満腹感を感じにくくなり必要以上に食べてしまうことになるのでやめましょう。
他に調理方法を少し工夫するだけでも内臓脂肪を減らす事ができます。

・炒めものには油のいらないフッ素加工のフライパンを使う
・ノンオイルのサラダドレッシングを使う
・炒めたり揚げたりするよりも茹でたり蒸したりする調理法に切り替える


どれもすぐに取り入れられるものなので実践して見て下さい。













日常生活の中で出来ること

日常生活習慣の中のちょっとした点に気をつけるだけでも内臓脂肪は落ちやすくなります。

まず夜更かしは厳禁です。
人間の体は元々昼活動するモードになり夜は休憩モードになります。
つまり夜は副交感神経の作用により消費カロリーが抑えられます。
夜更かしして飲食してしまうと内臓脂肪がつきやすくになってしまうのです。
他にストレスや飲酒は脂肪やコレステロールが溜まりやすくなるので注意が必要です。

基本ではありますが、早寝早起きで三食きちんと食べることが内臓脂肪の落ちやすい生活と言えます。

また毎日体重をチェックするのも効果的です。
時間を決めて体重計に乗る習慣をつけたり、その日に食べたものを記録したりする習慣をつけるだけでも自制がきくようになり結果的に暴飲暴食を防いでくれます。





内臓脂肪を燃焼する水のチカラ










内臓脂肪を燃焼させるためには水分補給がかかせません
個人差もありますが一日1.5〜2リットルの水分補給を目指して常温の水を飲むようにしましょう。

人間の体の約70%は水分で出来ています。
そして汗や尿などで毎日水分は体外へ排出されています。
それなのに水分を補給しないと体の中が淀んでしまい、代謝も落ちてしまいます。

水は内臓脂肪を燃焼しやすくしたり老廃物をスムーズに排出したりするのに欠かせないものなので、ルネッサンスでつくった水など「質の良い水」を意識的に飲むようにしましょう。

水分補給の注意点として、清涼飲料水は冷たくなると甘みを感じにくくなるため糖分が多くなりがちで、内臓脂肪に繋がりますので控えるようにしましょう。
美 容皮膚科求人電話 占い・▲被リンク金券ショップ