ルネッサンスの活水・浄水器

良い水・良い眠り.com 新商品はこちら

お客様の体験談

コラム

Copyright(C)Life Field Space
All Rights Resurved.
・特定商取引法に関する表記
 

水は、苦労せずに水道水となるわけじゃない!







普段、何気なく利用している水道水。 この水道水、いったいどういう経路や処理をたどって私たちの口に入るのか、詳しく知っていますか?

実は、家庭の蛇口から出てくるまでに、水はとても長い長い道を、たどってきているのです。

また、水道水に対する安全性や、おいしさについても様々な意見が出されています。
そういったものを考えるためにも、今回は視点を変えて、私たちの口に入るまでの水の軌跡を追ってみましょう。

軌跡を知ることで、水への理解をより深めることが出来るのではないでしょうか?



ダムの本当の姿、知っていますか?




雨が山や森に降った後は、土を通り湖や川となります。
川となったものは、まずダムへと行き着きます。

ダムの役割は、
水を溜める(水道水用、工業用、農業用、消雪用など)
雨の多い少ないに関係なく、水を安定して供給する
雨量が多く洪水の危険がある時は、下流に水を流さないようせき止める
水力発電に活用
全国に三例だけだが、レクリエーション用にも使用される (漕艇競技コースとして、展望台として など)

 
ダムひとつでも実は様々な使用方法があるのです。
ちなみに、日本で一番美しいと言われているのは、大分県の白水堰堤。

通称「白水ダム」。このダムは小さいながら、石造りのため国の重要文化財に指定されています。
水の流れる様が美しいと言われるこのダム。

近くに行った際は、ぜひ立ち寄ってはいかがでしょう。















水道水に浄水場は、欠かせない!

川やダムから取水塔と呼ばれる設備を経由し、浄水場へと水が運ばれます
取水塔とは、聞きなれない言葉ですが、川や湖にある主に円柱の形をしている塔です。

おそらく、みなさんも一度は目にしたことがあるでしょう。
水が水道水となるためには、浄水場を通ることは必須です。
というのも、浄水場によって過程は多少異なるでしょうが、大きな役割が三つあるからです。
それは、沈殿、ろ過、消毒
この過程を経ることで、水は水道水へと生まれ変わります。

沈殿大きな石や砂、土を沈めて水から取り除く。
水に含まれている細かい砂や土は、ポリ塩化アルミニウムなどでフロック(小さな塊にして)にして沈めます。

ろ過…沈殿の過程で取り除けなかった、小さな砂や土を砂や砂利の層でこします

消毒…きれいになった水に、消毒のため塩素を入れます。

これで、水道水の出来上がりです。
水道水は、配水池と呼ばれるところで溜められます。
そして随時、配水池からポンプで給水所へと送り出します。












そして、私たちの元へ水道水が










給水所は、浄水場から送られた水を溜めておく設備です。
しかし、ただ溜めておくだけではありません。

配水する地域の使用水量を計算した上で、水を溜めているのです。
そして給水所で溜められた水は、水道管を通って私たちの家の蛇口へとたどり着きます。
雨として地上に降りてから私たちの口に入るまで、このような長い過程をたどる水。ぜひとも大切に使いたいですね。

またもしもの時に備えて、自宅近くの給水所を確認しておくことをオススメします。
災害時などで万が一、断水した場合そこの給水所に行けば給水車が来るのか、災害時には使えるのかなど、事前に分かっているともしもの時も、焦らずに済みますね。

そんな水道水を、さらに効果的にするのが「ルネッサンス」なんです。
安全と言われる水をただ飲むだけなら、誰にでもできます

MICA加工された「ルネッサンス」の水差しを水道水が経由することで、体に良い水にパワーアップさせることが出来ます。
その水を飲むことで水道水では得られない、ダイエット効果、血液サラサラ効果、内臓脂肪の減少効果が期待できます。

ぜひ、「ルネッサンス」を使うことで体に良い水を取り入れて、さらに健康な体へと変えましょう!