ルネッサンスの活水・浄水器

良い水・良い眠り.com 新商品はこちら

お客様の体験談

コラム

Copyright(C)Life Field Space
All Rights Resurved.
・特定商取引法に関する表記
 

長生きの秘訣は「水」だった?水分補給で健康に!







長生きの秘訣は「健康」にあります。
健康志向の高まりで、日常生活の中で、なるべく水分を摂取しようと考える方が増えています。

スーパーなどの売り場にも、その影響が見られます。
持ち歩きやすいスリムな水筒、ミネラルウォーターの種類などが飛躍的に増えました。

ペットボトルの基本的なサイズは、1本500ミリリットルですが、果たしてそれだけで、1日分の必要量を賄えるのでしょうか。

結論としては、足りません。
理想の3分の1にしか届いていません。
成人の場合、1日に必要な水分量は2〜3リットルという平均値があります。

「水分」は、食事の中からも吸収されます。
純粋に、水として摂取するのは、1日当たり1リットルから、最大1,5リットルが理想とされています。
ぜひ、目安にしてみて下さい。





実は知らない「正しい」水の飲み方




長生きの秘訣は健康。
長生きの秘訣である健康の秘訣は、水を飲むこと。
その「水の飲み方」に、長生きの秘訣がありました。

タイミングも重要です。

10度から15度、つまり、常温の水を、朝、昼、夜に分けてゆっくり飲むこと。
大量に急いで摂取しても、過剰な水分は胃を通過して、そのまま排泄されるだけです。

しかも、水分は体外に取り除かれる過程で、人が生きるために必要なミネラルを連れて行ってしまうのです。

長生きの秘訣に反する飲み方です。
長生きの秘訣、健康に役立つ水の飲み方とは、少量ずつこまめに摂る事です。












水と命

長生きの秘訣を尋ねられたら、多くの方がこう答えるでしょう。

「健康です」と。

人生の重みを知る方々のおっしゃる理想の生き方とは、「ぴんぴんころり」なのだと言います。
そこには、長生きの秘訣とも言える「生き方」に対する深い含蓄がありました。
命ある限り「ぴんぴん」生きて、苦しまずに最期を迎える事。
それを「ぴんぴんころり」と言います。


どうせ長生きをするなら、健康でありたいと願うのは自然なことです。
であるならば、長生きを目指す誰にとっても、「水」に関して考え直すことが必要なのだと言えます。


乾いた体は病気を招きやすく、水分不足が原因の不調は、回復が難しいという特徴があります。

ぜひ、適正な水分補給を心がけて、憂いのない人生を送ってください。






知っておきたい水の種類










水は水、と思われるかもしれませんが、実は水にも多様な種類がありました。
長生きの秘訣が最終的に水を飲むことであるならば、水の選び方として知っておくべきかと思います。

私たちが生活している日本の水道水は、主にダムから供給されていますので、水源は明らかです。
「表流水」「伏流水」「地下水」などが、ダムを形成しています。

ボトルになって流通している水に関しては、「ナチュラルウォーター」「ナチュラルミネラルウォーター」「ミネラルウォーター」「ボトルドウォーター」に分類されます。

「ナチュラルウォーター」「ナチュラルミネラルウォーター」「ミネラルウォーター」に関しては、水源地が限定されていなければなりません。

注意したいのは「ボトルドウォーター」です。
飲用可能な水ではありますが、「ボトルドウォーター」に関しては、水源地などの規定が存在しないのです。

「水道水」であっても、上水道の水であれば飲料水として使用できますので、「ボトルドウォーター」として販売できてしまうのです。


名前以外にも、水は硬度などで分類されることもあります。
カルシウムなど、水中のミネラルが多いほど硬度が高く、硬度100以下の水が軟水と呼ばれます。

他にも多くの基準があり、「水と油」のように、反発しあう物の代表とされる「油」に親和性を持った水もあります。
例えば、MICA加工された水などがそうです。