ルネッサンスの活水・浄水器

良い水・良い眠り.com 新商品はこちら

お客様の体験談

コラム

Copyright(C)Life Field Space
All Rights Resurved.
・特定商取引法に関する表記
 

血液サラサラで得られるメリット

体の中を隅から隅まで流れている血液ですが、血液には体中の細胞に酸素や栄養を運んだり、老廃物の回収、傷んだ部分の修復、 体に侵入した病原菌と戦ったりといった重要な役割をたくさん担っています。

健康で元気な生活をおくるためにはこの血液がよどみなくスムーズに流れている事が何よりも大切なのです。

また、健康だけでなく女性が抱えている美容の悩みも血液サラサラになることで改善出来る事もあります。
例えば目の下のクマやシミといった症状は元々血行不良、つまり血液がドロドロしている事が原因になっています。

他にもダイエットの大敵であるセルライトも血行不良から老廃物や脂肪が凝り固まっているものだと言われており、血液サラサラになることによって解消出来るとも言われています。

水を飲むと血液サラサラになるワケ

血液のほとんどが水から出来ています。
血液中に水分量が多いほど血液サラサラになります。

逆に水分がたりなければ血液は粘度をまし血栓の原因になってしまうことも。
飲む水の量は1日2リットル程度が好ましいと言われています。

最初は思っているよりも多く感じると思いますが、無理のない程度で意識して飲むようにしてみましょう。
とは言え、水分であれば何を飲んでもいいというわけではありません

例えばコーヒーなどは利尿作用が強いため、血液サラサラにするどころかかえって濃度を濃くしてしまいます。
また糖分の多く入ったジュースなどは血液サラサラになる前に肥満に繋がってしまう恐れがあるので大量に飲むのはよくありません。

血液サラサラにする水の飲み方

1日2リットルと言っても、一気飲みすればいいというわけでもありません。
血液サラサラにする為には飲むタイミングも意識してみましょう。

◯基本は空腹時
空腹時、1回にコップ半分くらいの量を30分に1回が理想的です。
温度も冷蔵庫で冷やしたものよりも常温に近い18度程度のものにしましょう。

◯入浴前
入浴中は血液がドロドロになりやすい時です。
汗で体内の水分がいっきに減るため、血液が濃くなり血栓が出来やすい状態になります。
そして熱いお風呂のお湯は血栓を溶かしてくれる物質を減らしてしまうのです。
入浴中の立ちくらみを防止するためにも、入浴前にはコップ1杯水を飲むようにしましょう。

また汗で失った水分を補う為に、入浴後も水を飲むようにしてください。

◯就寝前と起床時
寝ている間は思っているよりも汗をたくさんかいています。
人間の体は起床時が最もカラカラになっている状態で、血液もドロドロしている状態になっているのです。
当然ですが寝ている間には水分補給が出来ませんので、夜眠る2時間前と朝起きてからコップ1〜2杯の水を飲むようにしましょう。

良い水、カラダにいい水とは?

生命の水研究所の松下和弘先生の提唱している「水の物差し」理論によりますと、健康に良い水の条件は以下の 3点になります。

(1)油を溶かす力が高い
油を溶かす力の高い水は体内脂肪の代謝を促進し、血液の脂質を減少させより血液サラサラにしてくれるのです。
また、体内の脂肪組織に蓄積された有害科学物質を排出してくれると言われています。
ルネッサンスの水はこの“油を溶かす力(界面活性値)”が元の水道水の約1.5になります。

(2)酵素活性が高い
活性酸素は身体にとって不可欠なものですが、これが過剰になると逆に細胞を傷つけ病気の原因になったり老化の促進に繋がったりしてしまいます。
この活性酸素とのバランスをとっているのが活性酸素消去酵素ですが、ルネッサンスの水にはこの活性酸素消去酵素の働きを高める効果が水道水の約1.75倍です。
そのため抗酸化物質の力を発揮させ、体内酵素・ホルモンの働きを高めてくれます。

(3)浸透する力が強い
浸透力に優れている水は身体に吸収されやすく、細胞にすばやく浸み込んで身体のみずみずさを保ってくれます。
浸透力は、水のクラスター(水の分子集団)の大きさや、界面活性値(油を溶かす力)の高さなどで左右されます。